堀田喜弘のブログ

大津市でも草津市でも栗東市でも敷地境界トラブルの救世主

こんにちは堀田です。

 

所有している土地、
お隣さんとの境界線を明確にご存知
ないという方が結構多いです。

ご両親から譲り受けた土地や、購入
されてから何十年も経って境界線
を忘れてしまったとか、

境界鋲や杭が無くなってしまって
いるとか。

普段の生活には影響ないのですが
その土地を売却する時や家の建て
替え、又は登記上土地をいくつかに
分けたい時、境界線が明確でない
場合は不都合やトラブルが発生する
事が考えられます。

所有地とお隣さんとの境界線が明確
に解っていない方は早めに解決して
おくことをお勧めします。

年数が経過するほど解決しにくくな
ります。

お隣さんと話がつかないという時
法務局の筆界特定制度というのが
あります。

法務局に申請をすると土地の登記
上の境界線を特定してもらえる制度
です。

裁判するよりも短期間で特定できて
よほどの大きな土地でない限り申請料
も数千円くらいですみます。

但し測量費は別途です。

公法上の境界を特定するものですが
お互い主張がなくハッキリさせたい
という時はこの筆界を所有権界として
納得することもできます。

土地を分筆したいがお隣さんとの
話がつかず民民で筆界確定ができず
いつまでたっても分筆できないと
いう時にこの制度で筆界を確定でき
れば分筆も可能です。

但し所有権界はべつの話です。

不動産トラブルで一番厄介なのが
境界トラブルです。

お隣さんとの敷地境界が明確に
解らないという方は放置せずに
お隣さんと確認しておくことを
お勧めします。

 

 

 

 

 

  • フィックスホームfacebook
  • フィックスホーム公式 LINE@
  • フィックスホーム公式 Instagram
  • フィックスホーム公式 Pinterest
  • フィックスホーム公式 LIMIA
  • フィックスホーム公式 houzz
  • フィックスホーム公式 YouTube
  • フィックスホーム公式 twitter
  • 安くていい家をつくる会
  • ieMADO
  • プロが教える「買ってはいけない家」
  • 耐震工法SE構法