小杉 晴美のブログ

急がば回れ

こんにちは!
保育士の小杉です(*^^*)

感染症がはびこる
季節となりました。

学校や園から、お迎え依頼の
電話が入ることが増えてきた
ご家庭も多いのではないでしょうか?

保育園では37・5度以上の発熱で
お迎え依頼の電話をかけます。

そして、次の日・・・

自然に下がっての登園か、
薬で下げての登園か、
結構、分かるもんなんです💦

薬によると、まず顔色が悪い。
(なんてもんじゃない。顔面蒼白
元気がなく、遊ばない。
食欲がない。

ここまでは分かりやすい。

目に力がない。
愚図る。ゴロゴロする。
一点を見つめる。 などなど

薬が切れてくる頃から
段々と熱が上がってきます。

そして大抵は、また
お迎えに来てもらうことに(;^_^A

中々、治らずに
長引いてしまうことが多いのです。

薬で騙しだまし、登園するものの
昼から熱が上がり、帰っていただく。
続くこと、一週間・・・

結局、その後2~3日お休みをされた
親子がいはりました💦

いろんな家庭事情があることは
分かります。

が・・・
事情が、環境が
許されるのであれば

ゆっくり休ませてあげるほうが
結果として、早い回復が
見込めると思います。

 

発熱は体に入ってきた
ウィルスから身を守るための
防衛反応です。

熱を出すことでウィルスと
戦っているんです。

なので無理に下げると
戦えなくなり、
免疫も落ちてしまいます⤵

できれば、子どもの自然治癒力を
信じてあげましょう💪

でも、高熱が続いて消耗が
激しかったり、眠れなかったり
水分もとれないなどの場合は

解熱剤を使って
楽にしてあげるほうが
良いと思います。

まだまだ、感染症が
蔓延する時期です。

元気に過ごせるよう、
気を付けていきたいですね!

それでは、また~(^^)/~~~

 

 

 

 

資料請求
  • フィックスホームfacebook
  • フィックスホーム公式 LINE@
  • フィックスホーム公式 Instagram
  • フィックスホーム公式 Pinterest
  • フィックスホーム公式 LIMIA
  • フィックスホーム公式 houzz
  • フィックスホーム公式 YouTube
  • フィックスホーム公式 twitter
  • 安くていい家をつくる会
  • ieMADO
  • プロが教える「買ってはいけない家」
  • 耐震工法SE構法