厨子浩二のブログ

☆悪徳リフォーム業者の見極め方☆

今日は、リフォームについての話です。

リフォームと言っても、業者選びが一番のポイントだと

思いますので、簡単な見極め方をお教えいたしますね。

20161031133443

ここ数年前から、フィックスホームでもリフォームの

工事が年々増えてきています。

 

「そもそも、フィックスさんってリフォームはしないんですか?」

というお問い合わせを頂くことも多いです。

が、現実は、リフォームもやっています。

 

ただし、よくあるリフォーム専門の訪問営業のようなことや、

積極的にリフォームのチラシを入れたりして、

まるでリフォーム専門店的な活動はしていません。

 

現状は、OB様のお宅やご紹介、お問い合わせを頂いた

お客様などなどに関しましては、大なり小なり、リフォーム工事も

請け負わせていただいています。

20161031133415

話がそれましたが、悪徳リフォーム業者の私なりの見分け方

なのですが、基本的な話をすると、ますは、建設業の許可を

持っていない会社がほぼ全部と言っても過言ではないと思います。

 

なぜ、リフォーム業者は許可なしで出来るのかと言えば、

建設業法で、500万円未満のリフォーム請負は許可なしでもOKという

決まりごとがあるからですね。

 

ただし、増築などの建築本体の工事が伴う場合に関しては、

1500万円未満までは許可なしでOKという決まりです。

 

少しわかりづらいかもしれませんが、要は、1500万円未満の

工事であれば、新築であろうが増築であろうが許可は要らないというのが

基本ルールです。

 

これを逆手にとっているのが悪徳リフォーム業者ですね。

20161031133549

一番安全なのは、建設業の許可を持っていて、かつ、

地元の業者で、そして、現場監督などに関しては

建築士を持っているということが一番ベストだと思います。

 

やっぱり、ちゃんとした業者は、許可も資格も持っています。

 

私の家にもよく来ますが(笑)、訪問営業のリフォーム業者さんは

要注意ですね。

 

たとえば、近くに今工事をしている現場があるので、

今なら足場代金がタダになります!

 

とか、今月のご契約ならキャンペーン、モデル価格で半額とか

独自の開発した塗料なので格安に出来ます!とかは、

かなり怪しいですのでご注意を!

 

中には、塗料を水で薄めて使う業者もいるみたいです(怖)。

 

そもそも、独自開発塗料なんてあり得ません。

日本の塗料メーカーは世界的にみても一流の商品を

作っていますので、私たちも日本のメーカーの塗料を

お勧めいたします。

 

少し長くなりましたが、まずは、即決せず、冷静に考えてみてください。

 

外壁の塗装のやり替えが必要だとしても、今すぐに決めないと

その家に住めない状態になるわけではありませんので、

じっくりと信頼できる業者を選ぶようにしてくださいね。

 

あっ。

言い忘れましたが、これ、シロアリ業者も同じですよ。

後は、耐震リフォーム業者もですね。

  • フィックスホームfacebook
  • フィックスホーム公式 LINE@
  • フィックスホーム公式 Instagram
  • フィックスホーム公式 Pinterest
  • フィックスホーム公式 LIMIA
  • フィックスホーム公式 houzz
  • フィックスホーム公式 YouTube
  • フィックスホーム公式 twitter
  • 安くていい家をつくる会
  • ieMADO
  • プロが教える「買ってはいけない家」
  • 耐震工法SE構法