家づくり事例

実用性を追求して生まれた
効率良く快適に暮らせる家 奥村さま

もともとはご主人が結婚前に購入したマンションにお住まいだった奥村様ご夫妻。お子様が誕生されて、「やっぱり一軒家に住みたい」と思うようになりました。しかし、ハウスメーカーの展示場に行ったもののしっくりこない中で、目に留まったのがフィックスホームの新聞広告でした。
「広告に書かれていた『ムダなコストを抑え、お金の問題に悩まされることなく理想の家を建てる』というコンセプトに共感しましと言うご夫妻は、さっそく同社の住宅見学会へ。そこて親しみやすく、説明もていねいなスタッフに好感を抱いたと言います。
「しかも、住宅ローンやアフターケアなど、建てた後のことまで考えてくれて。きめ細やかな対応に信頼できると確信しました」とご主人。土地探しやマンションの売却と並行しながら、間取りを考え始めました。
こうして完成した新居に住んで1年。「とても心地良く暮らしている」と声をそろえるご夫妻は、今もフィックスホームの住宅の完成見学会に出かけています。「新しい家を見るのも、建てた方やスタッフとの交流も楽しくて。家は一生の物なので、建てた後も関わりが持て、気軽に相談できるのって安心できますよね」。そう語るご夫妻の笑顔は輝いていました。

LDKで家族の時間を過ごすO様ご家族,当初、考えていた吹き抜けの代わリにリビングを梁出し天井にし、開放感を出すことに成功した。照明はホコリがたまりやすいからとベンダントライトは付けず、昼白色と電球色の切り替えが可能なダウンライトをメインに。冬の寒さに備え床暖房も導入。
総二階に近いシンプルな形をしているため、段違い屋根でアクセントをつけた。
駐車スペースはゆったり3台置ける広さ。
「玄関は“家の顔"と言われているので広くしました」と奥様。基本的にドアは茶、収納扉は壁と同化するよう白で統一。
住宅見学会を参考にして広さを決めたというシューズクローゼットは2畳。ゴルフバッグやベビーカーも収納可能だ。
LDKは明るく温かい空間にしたいと白とナチュラルブラウンの組み合わせ。ところどころにダークブラウンを取り入れて全体を引き締めている。カウンターにはダイニングテーブルの高さに合わせてコンセントを設置。形態の充電やホットプレートを使うのに便利。
壁一面を収納にした洗面脱衣室。「浴室そばの棚は扉を付けずタオルや着替えを取り出しやすくしました」(奥様) 。
キツチンも清潔感あふれる白を基調に。カップボードの奥は食品備蓄用の収納棚だ。勝手口の外にゴミ箱を置いてすっきリ。
LDKとホールをつなぐ廊下に設けた階段には、暖気が2階へ逃げないように引き戸を付けた。向かいのカウンター兼収納は電話台としてルーターなどを収納できるつくリに。
リビング横の和室はお子様の遊び場に大活躍。和室のl収納扉は畳とのバランスも考えて茶色を選んだ。掃き出し窓から入る陽射しはロールスクリーンで調節。
2階は基本的にダークブラウンの床、ドアを使っているが、子ども部屋は明るい空間にしたいとナチユラルブラウンと白いドアをセレクト。
シックなアクセントクロスとダークブラウンの床が落ち着いた印象を醸す主寝室。「僕たち夫婦しか入らない部屋なので、ウォークインクローゼッ卜は出入りしやすいように扉を付けませんでした。コの字にハンガーラックを設置し、手前は妻、奥は僕と使い分けています」(ご主人)。
1階(右)はシックに、2 階(左)は奥様セレクトの柄クロスでかわいらしいテイス卜にしたトイレ。「子どもが夜中lこトイレに行きたがるので2階にもつくって良かった」(ご主人)。
お出かけに便利!階段下を利用したコートハンガー
玄関ホールの階段下の空間は収納に活用しました。ただ、高さがないうえに天井が斜面なので、壁で仕切りハンガーパイプを取り付けて外出時の上着やバッグをかけられるようにしました。子どもでも取れる高さなので便利です(ご主人)。
ご主人の書斎兼趣味部屋は3畳。こだわリのコンクリート打ち放し風のクロスがスタイリッシュだ。
O様ご家族と担当の楢崎と川尻。偶然にも川尻が奥様の高校の先輩で驚きの再会になったという。

家づくり事例

  • フィックスホームfacebookページ
  • フィックスホームYouTube動画
  • プロが教える「買ってはいけない家」
  • 安くていい家をつくる会
  • チームフィックス滋賀咲くブログ
  • 耐震工法SE構法