家づくり事例

温かな思い出か詰まった
モノトーンのシックな家 大津市・稲田さま

モデルハウスのように美しい稲田様邸。リビングに入ると、まずストレートのスリット階段に目を奪われます。吹き抜けからの自然光でフレームが照らし出され、インテリアの一部として存在感を放っていました。吹き抜けから階下の暖気が逃げることより、家全体の暖房効率はしっかりと考えました。「断熱材の効果を一番左右するのは窓だと言われているんです」とご主人。南面の窓は日射を得るために大きく、反対に東西北面の窓はできるだけ小さくしてサッシもアルミ製より断熱性の高い樹脂製にしました。そのため、冬場でも室温が10度を切ることはなく快適に過ごせたと言います。
室内は白一色。光沢のある床の白に映えるようにと、リビングの寸法を決めるよりも先に黒のソファとダイニングセットを選ばれたそうです。キッチン、浴槽、洗面台など設備をはじめ家具家電も黒で統一し、見事にモノトーンの世界をつくりあげています。

大胆にも南側の掃き出し窓の前にス卜レー卜階段を置いたLDK。階段がスリットタイプであること、吹き抜けから光が入ること、内装を白をベースにしていることから室内は奥まで明るい。
黒をメインにしたシャープな外観。全面が黒だと熱を吸収しすぎるので、南面だけ白にした。サッシの色に合わせて屋根はシルバーのガリバリウム鋼板。
内装の白と家具家電・設備の黒でモノトーンを徹底した。
LDK は、寝転ぶこともできる大型のソファとゆったりと食事のとれる6人掛けのダイニングセットを優先し、それらが入る大きさとして23.5 畳を要した。
セラミック製のワークトップはフルフラットで、ダイニンクテーブルと高さがほぼ同じ。ご主人は、「天ぷらを目の前で一品すつ揚げてもらいながら食べました」と大満足。パントリーは、スポーツ少年団用のお茶の買い置きなどのため約2畳と大きめに取った。
和室もモノトーン。畳は、黒では印象が重たくなるのでチャコールグレイで軽さを出した。ダウンライトの木枠まで徹底して黒。壁紙は塗り壁風と和紙風の2タイプを張り分け、和のテイス卜を強調した。
ゆとりのある玄関ホール。垂れ壁の奥はシューズクローゼット。白い扉はトイレで間口110cmと広め。
体格の良いご主人がくつろげるようバスルームと洗面所は大きめサイズ。
洗面台は、中央ミラーの両脇にライン照明を備えたタイプで、奥様のドレッサーとしても活躍している。
寝室は8.5畳で、夏場は一家4人が一緒に寝ている。ウォークインクローゼットは別に3畳を取った。手前にはご主人の書斎となるカウンターも。
五月人形などをしまう2階の納戸は4畳。さらにはしごの上に小屋裏収納があり、お子様たちの思い出の品などを保管する。
吹き抜けはご家族を結ぶ空間。リビングにいても2 階のお子様たちの様子がなんとなくわかる。また、子供部屋にはスリット窓付きのドアを採用し、開けなくても部屋にいるか確認するととができる。
最後はみんなでにっこり笑ってパチリ。ありがとうございました。

家づくり事例

  • フィックスホームfacebookページ
  • フィックスホームYouTube動画
  • プロが教える「買ってはいけない家」
  • 安くていい家をつくる会
  • チームフィックス滋賀咲くブログ
  • 耐震工法SE構法