家づくり事例

外観にも気を配りながら
すっきりと暮らす技ありの家 栗東市・田中さま

外からの見栄えを最優先に考えました」と奥様がおっしゃる通り、コの字型のフォルムとおしゃれな玄関回りが目を引く田中さまのお宅。フィックスホームとの出会いは2年程前にたまたま行った見学会でした。「そのときに応対してくださった家づくりアドバイザーさんの印象が強くて」とご主人。その後、いくつかのハウスメーカーを回りましたが、約半年後に再度フィックスホームを訪問しました。「この会社の売りは何ですか?と聞いたら『人です』と。耐震性などのハードはもちろんだけれど、誰がつくっているかが重要、ということが印象的でした」。
北側向きであるにもかかわらず、窓を多くしたことで明るい田中さま邸。おしゃれで、なおかつ使いやすい家は、家族の笑顔が絶えない空間となりました。

リビングは田中さまご一家のくつろぎの場。ダイニングとリビングをL字型にして少し分けたことではっきりと使い分けができているそうです。
白を基調としたクロスに、明るめのフローリング、木目の建具で統一し、ナチュラルに、すっきりとした空間になっています。
奥様が特にこだわった外観。北側が正面のため、普通なら窓が少なくなるところを、あえて多めにつけて見栄えを良くしました。
ダイニングには造り付けのカウンターを設置。「将来は子供の勉強スペースにできるよう奥行きを少し広めにしました」。視線が気にならないよう高い位置に窓を付けました。
広々とした玄関にプラスして大容量のシューズクロークも備えた。ご主人の趣味であるスノーボードや、お子様のベビーカーなどもラクラク収納。
作業スペースを十分にとったキッチンは、奥様のお気に入リスペース。キッチンに立つと、和室まで見渡すことができます。
3枚扉の棚は収納力抜群。「扉ですべてを隠すことができるのが魅力です」と奥様。
寝室から続くウォークインクローゼツトは4畳の広さ。夫婦の衣類はすべてここに収納できる。ここにも窓があるので明るい空間です。
洗面所の床は、他と雰囲気を変えて木目が美しいタイプをチョイス。大容量の棚を付けたので下着やパジャマなどを収納できます。
8畳とたっぷりめの広さをとった主寝室。3連窓は外からの見た目を重視して選んびました。
1階のトイレ。「トイレはちょっと雰囲気を変えたい」というご主人の意見で高級感のある床材に。
当初は広くとっていた2階ホール部分を収納に。「壁と一体化させるため、建具は白く。廊下には室内用物干『ホスクリーン』を付けて洗濯物を干せるようにしました」。
いろんな役割をしてくれるドア。「将来子供が大きくなっても帰ってきて顔を合わせられるよう、リビングを通って2階に上がるようにしました。ただし、暖房効率を考えてドアを設置。トイレも音や匂いが気にならないようドアの向こうにしています」(ご主人)
田中さまご家族と担当の楢崎、川尻。「お二人との出会いがなければ、この家はできていませんでした」とご主人。

家づくり事例

  • フィックスホームfacebookページ
  • フィックスホームYouTube動画
  • プロが教える「買ってはいけない家」
  • 安くていい家をつくる会
  • チームフィックス滋賀咲くブログ
  • 耐震工法SE構法