家づくり事例

室内の配色にこだわった
開放感のあるモタンな家 草津市・Kさま

ご結婚と同時に、家づくりの決心をしたというK様ご夫妻。いくつかの住宅展示場を見に行きましたが、売り込みや営業の電話が次々とかかってくることが辛く、なかなか住宅会社が決められなかったと言います。そんなとき、ご主人のお父様の知人を通じて紹介してもらったのが、フィックスホームでした。
ご夫妻一番のこだわりは、開放感のある吹き抜けのリビングです。南向きの窓からは明るい光が降り注ぎ、外に見える木々の緑も白い壁によく映えます。
また、床や壁紙、照明などにもお二人それぞれのセンスが活かされ、静かで落ち着いた空聞になっています。1階はご主人が好きだという黒や白を基調としたシックな雰囲気、2階は北欧のインテリアが好きだという奥様のとだわりが詰まった、明るく優しい印象になりました。「二人共通して好きな色がグレーで」という壁紙も、空間の中で差し色として効いています。
「仕事先や旅先でも、早く家に帰りたいと思うようになって、家で過ごすのが楽しみです」というご夫妻。その言葉が、お二人の満足度を物語っていました。

6畳分のスペースを吹き抜けにした明るいリビング。リビング階段はオープンのストリップ階段を希望していたが、将来お子様が使うことを考えると危ないというデメリッ卜も考慮し、箱型階段に。明かり採りと開放感を出す目的で、壁の一部に開けた空間がオシャレ。
黒のガルバリウム鋼板で統一したシックな外観。
サイズ違いで並ぶ正方形の窓は、外から見た目を考えたご主人のアイデア。
シンプルな空間の中に、濃淡の異なるグレーが気持ち良く配色されたダイニングとキッチン。当初はナチュラルな木調だったキッチンもグレーに変更し、より落ち着いた印象に。ランプと椅子の黒、家電を置いたコルク調の棚がアクセント。
グレーの壁で仕切り、入口を2ヶ所に分けた玄関ホール。靴の収納棚は家族用の玄関に設置し、来客時には見えない仕組み。現在は冬用のタイヤを収納。
開放的なオープンキッチン。右奥の白い扉は食料のストックを収納するパントリー。ウッドデッキに出られる勝手口は、バーベキューのときにも大活躍。
黒、白、グレーの3 色がバランス良く配置されたシックなトイレ。「壁以外に、天井も黒というのが気に入ってい
ます」とご主人。
玄関→洗面脱衣室→キッチン→リビングダイニングと回遊できる動線。「出勤前は慌ただしいので、どこからでも出入りできて便利です」と奥様。
キッチンから、洗面脱衣室や浴室にかけて、壁や床のグレーがどんどん濃くなっていくグラデーション。浴室は落ち着けるよう、黒に近い色味に。
2階の廊下から見下ろした吹き抜け部分。フィックスホームからの提案で入れたという3 本の化粧梁が、空間のアクセントになっている。縦長のスリット窓からは、外の緑もよく見える。
北欧のインテリアが好きな奥様が選んだ、かわいい小物が並ぶ2階ホール。水色のドアやナチユラルな色味の床で、優しい雰囲気に。
バルコニーと隣接したホールは室内干しも可能なスペース。
2階のホール付近にある西向きの個室は、ご夫妻の主寝室。
白い引き戸の奥は、3 畳のウォクインクローゼット。主寝室と同様に白でまとめられて清潔感がある。
2階の廊下奥には、同じ広さの個室が2 つ並ぶ。将来は子ども部屋にする予定で、扉付きのクローゼットも完備。
扉付き収納だけではなく使い方の幅を見据えた棚づくり
リビングとキッチンの聞の空きスペースは扉付きの収納ではなく、可動式の棚を設置して鍵やリモコンほか、小物をディスプレイできるようにしました。将来は電話機やパソコンも配置する予定なので、配線用に棚のコーナーカッ卜をお願いしました。(奥様)
担当の楢崎、川尻と。「家づくりは信頼関係が一番大切だなと実感しました」とご主人。

家づくり事例

  • フィックスホームfacebookページ
  • フィックスホームYouTube動画
  • プロが教える「買ってはいけない家」
  • 安くていい家をつくる会
  • チームフィックス滋賀咲くブログ
  • 耐震工法SE構法