いい家づくりコラム

住宅ローンの金利、これだけは知っておきたい基礎知識

2016年10月30日

住宅ローンには大きく分けて「固定金利」「変動金利」「固定期間選択型」の3タイプがあり、それぞれに特徴やメリット、デメリットがあります。
金利がほんの少し違うだけで、支払う利息の総額は大きく違ってきます。ですからよく考えて少しでもお得になるものを選びたいところです。

いろいろな住宅ローンを検討する際に、まずは知っておきたい基礎知識をまとめました。


固定、変動、期間選択。それぞれのメリットとデメリット

「固定金利」とは、借り入れをしたときに決められた金利が返済完了まで続くものです。金利が低いときに借り入れし、その後に金利が上がることを想定すると、この借り方が得と言えます。

逆に、景気が悪くなって金利が下がった場合は、最初の高い金利のまま支払い続けなくてはなりません。また、固定金利の住宅ローンは、変動金利のものよりは、あらかじめ金利が高めに設定されています。

「変動金利」とは、半年~1年の決められた期間ごとに金利が見直されるものです。
金利が低くなると固定金利よりも得ですが、逆に金利が支払いの途中で上がると、はじめに予定していた返済額を上回る可能性があります。

両方を組み合わせたものが「固定期間選択型」です。これは2年間・5年間・10年間といった一定の期間は固定金利を適用し、その後は変動金利になるというものです。
返済が始まった数年間は金利が固定されていますが、変動金利になったときに金利が上がっていると、返済額のうちの金利が占める部分が急激に増える可能性があります。

住宅ローンの金利、これだけは知っておきたい基礎知識イメージ

ケースバイケースで最適なタイプを見極めよう

たとえば、まだ子供が小さく、これから教育費などの出費が多くなるため、今後返済額がアップしてしまうと返済が厳しいかも…と予想される場合には「固定金利型」が向いているかもしれません。

収入に比して借入額が少ない、共働きで家計に余裕がある、という方には「変動金利」が、また、いまは返済額を少しでも抑えたいが、数年後には余裕ができ、金利上昇にも対応できる、というような方には「固定期間選択型」が向いているといわれています。

フィックスホームでは、お客さまの資金計画の際に、ファイナンシャルプランナーがこのようなご相談にも対応させていただいております。どうぞお気軽におたずねください。


このコラムに興味をお持ちであれば、こちらのコラムも

当社代表・厨子浩二 著あなたの家づくりを成功に導く、参考書を差し上げます

  • 後悔しない家づくり
  • 買ってはいけない家
  • 琵琶湖がある街で、家づくりをするなら

「幸せになるための家づくりで絶対に不幸になって欲しくない」これまで多くの成功例、失敗例を見てきた経験から、家づくりの前にぜひ知っておいていただきたいことを、当社代表の厨子がわかりやすく解説した家づくり参考書です。
ご請求フォームに必要事項をご入力の上、お申し込みください。

  • フィックスホームfacebookページ
  • フィックスホームYouTube動画
  • プロが教える「買ってはいけない家」
  • 安くていい家をつくる会
  • チームフィックス滋賀咲くブログ
  • 耐震工法SE構法