いい家づくりコラム

プロに頼って失敗回避!住宅会社と一緒に行う土地選び

2020年9月30日

土地探しも家づくりのうち。土地と家をトータルで考えて資金計画を立て、間取りプランをふまえて土地探しをするのがベストです。
土地がなければ家は建てられませんが、住宅会社に依頼する前にあらかじめ土地を用意しておかないといけない、というのは大きな誤解。むしろ、土地の購入と家づくりを切り離して考えることは、家づくりの失敗の原因にもなります。

土地の購入や建築には難しい法規制が絡んでいるので、一般的な知識だけでは判断できないことも多いもの。そこで、土地探しの段階から住宅会社に相談をして、一緒に土地探しをしてもらうことをおすすめします。住宅会社は家を建てるだけでなく、土地に関する知識や情報も豊富。土地探しや土地購入後に起こりがちなトラブルを事前に回避できます。
今回のコラムでは、土地購入でよくある失敗や、住宅会社に土地探しを相談するメリットをご紹介します。


土地購入で、よくあるトラブル

住宅会社に依頼する前に土地を購入すると、思わぬトラブルが起こることがあります。よくあるトラブル例を見てみましょう。
プロに頼って失敗回避!住宅会社と一緒に行う土地選び

トラブル例1:予算オーバーしてしまった

思いきって高い土地を購入したために建物の予算がなくなってしまった。どうしても理想の家が欲しくて予算オーバーで家を建てた結果、返済が追いつかず、家を手放す事態に。

トラブル例2:建築時の工事に余計なコストがかかった

前面道路の幅が不十分で、建築時に大型の資材車や重機が入れず、工事に余計なコストがかかってしまった。

トラブル例3:土地の制限で理想の家を建てられなかった

土地に法規制があり、建てられる建物の大きさや高さが制限されていたために、希望のプランで家づくりができなかった。

トラブル例4:廃棄処分に予想外の出費が!

土地自体には問題はなかったけれど、不要な土や石などが放置されている状態。廃棄処分するために、建築前に多額の費用がかかってしまった。


土地探しで一番難しい「地盤の見極め」

前項で述べたようなトラブルに加え、気をつけたいのが「地盤」。土地を探すときは通勤アクセスや周辺環境に気を取られがちですが、安心して暮らすためには家をしっかりと支える良好な地盤が不可欠です。ところが、地盤調査ができるのはたいてい土地を購入した後。いざ、購入してから地盤調査をしてみた結果、軟弱地盤であることが判明するケースもあります。
軟弱地盤の上に家を建てると地震などの災害に弱くなるので、土地改良をしなければいけませんが、改良には100万円規模の出費が必要に。そうなると、予算オーバーで理想の家づくりができなくなるかもしれません。
軟弱地盤の場合、購入前に売主が説明することが義務付けられており、重要事項説明書にも明記されています。ただ、ある程度の知識がなければ、どのような改良工事が必要なのか、工事にはいくらかかるのかが分かりません。説明を聞き逃してしまうこともあるでしょう。
こんなとき、住宅会社と一緒だと安心です。資料や不動産会社の説明から、軟弱地盤の危険性がないかを見極めてくれます。


住宅会社に土地探しを相談するメリット

住宅会社と相談しながら、土地探しと家づくりを同時に考えることは、施主にとってメリットがたくさんあります。資金計画や間取りプランを柔軟に調整することができますし、土地のプロでもある住宅会社が土地の質を見極めて、適切なアドバイスをくれます。
どのようなメリットがあるか、具体的にみてみましょう。

家と土地にかけられる予算が明確になる

住宅会社は、建てたい家の間取りや大きさから、建物にかかる金額を算出できます。予算から建物価格を引けば、土地にかけられる金額が事前に分かりますね。予算オーバーであっても、土地・建物をトータルで考えて優先順位を決めることで、費用を柔軟に調整でき、納得したうえで予算内におさめることができます。そのため、希望と大きく異なるような失敗や後悔がありません。

土地の質を見極めてくれる

販売されている土地のなかには、水道やガスなどのインフラ未整備の土地、法規制によって建築制限があったり、整備が必要な土地もあります。こうした土地は、自己負担で水道管やガス菅を引き込んだり、擁壁で強度を高めたりと、建築前にかかる工事への出費が多額に。知らずに購入すると、予算が大幅に狂ってしまいます。
住宅会社なら、土地の形状や前面道路の幅、法規制などを確認して、家を建てるにあたって必要な工事の有無、余計なコストがかからないか、事前に判断してくれます。

家づくりのプランを考えながら土地を探せる

三角形などの変形地や北側道路に面した土地など、一般的に「難あり」とされる土地は避けたほうが無難ですが、間取りプランの工夫次第では土地をうまく活用することも可能です。住宅会社と一緒なら、プランを考えながら土地選びができるので、難ありの土地でも思い通りの家を問題なく建てられるかもしれません。このような土地は、価格が相場より安いので、費用を抑えることができます。

エリアの土地価格相場が分かる

住宅会社は、エリアごとの土地価格の相場を把握しているので、販売価格が高いか安いかを判断してくれます。もちろん「良い土地」の条件は、家族のライフスタイルによって違うので、最終的には自分たちで買うか買わないかを判断することが大切。でも、「相場より高い土地を購入してしまった!」という失敗がないように、プロの判断も参考にすることをおすすめします。

条件に合う土地が探しやすい

家づくりを検討しているお客さんをたくさん持っている住宅会社には、不動産会社から最新の土地情報が提供されています。その中には、インターネットやチラシに掲載される前の優良な土地情報もたくさん。逆に、一般に公開されている土地情報は、売れ残った土地である可能性も。土地情報は、プロから仕入れるのが確実です。

不動産会社と値段交渉しやすい

土地価格は周辺環境や相場価格、地盤の状態などから総合的に判断されて決まるので、自分で値段交渉をするのは難しいもの。住宅会社を味方につけて、一緒に値下げ交渉すると心強いでしょう。高額なお買い物ですから、数%の値引きでも何十万もの節約になります。


住宅会社と力を合わせて土地探しを

住宅会社は、施主の目線に立って、公正な目でよりよい土地探しを手伝ってくれます。ただし、任せきりにするのではなく、自分たちが求める理想の家についてしっかりと伝え、共通認識を持っておくことが大切。そのためにも、まずはどんな家づくりがしたいか家族で話し合って、できるだけ具体的に住宅会社と話し合いましょう。
夢や憧れいっぱいの家族の想いを、しっかり受け止めてくれる知識と情報豊富なプロの住宅会社との出合いで、理想の家づくりを目指しましょう!


このコラムに興味をお持ちであれば、こちらのコラムも

当社代表・厨子浩二 著あなたの家づくりを成功に導く、参考書を差し上げます

  • 後悔しない家づくり
  • 買ってはいけない家
  • 琵琶湖がある街で、家づくりをするなら

「幸せになるための家づくりで絶対に不幸になって欲しくない」これまで多くの成功例、失敗例を見てきた経験から、家づくりの前にぜひ知っておいていただきたいことを、当社代表の厨子がわかりやすく解説した家づくり参考書です。
ご請求フォームに必要事項をご入力の上、お申し込みください。

  • フィックスホームfacebook
  • フィックスホーム公式 LINE@
  • フィックスホーム公式 Instagram
  • フィックスホーム公式 Pinterest
  • フィックスホーム公式 LIMIA
  • フィックスホーム公式 houzz
  • フィックスホーム公式 YouTube
  • フィックスホーム公式 twitter
  • 安くていい家をつくる会
  • ieMADO
  • プロが教える「買ってはいけない家」
  • 耐震工法SE構法